*

懐かしい味?

公開日: 鯨料理, スタッフの日常, つれづれに

まいどー!分店のみねっちですー!今日は暑いですねー!暑いはずですが店の中は涼しくて快適ですー!今日はまた和本店長が懐かしい?食べ物を持ってきてくれました!

食べ物の話と思いきや少しまわり道します!ワープ!話は少し変わりますが今ヨーロッパではサッカーのユーロ2016が行われてますね!ワールドカップよりレベルが高いとも言われ好カードが続いていきます!そして一時期低迷していたイタリア代表も調子が良いようです!そのイタリア代表にも選ばれた事があり、先日引退を発表した選手がいます!彼は上背があるのに足下の技術も優れ長きに渡りセリエAで活躍しました!

image

誰だかわかりますか?わかった方はまあまあサッカー好きですね笑!まあまあサッカー好きの僕でもわかるので。

そうルカ・トニです!男前でチャラい感じがイタリア人ぽくて好きでした。でも引退会見ではサッカーを愛してる事が伝わり、ちょっと感動しました。自分がサッカーに夢中だった頃のサッカー選手が辞めて行くのは自分も歳とったんやなーて思います笑。

て言うか話が食べ物に繋がらんやん。イタリア出してきたからパスタとかイタリア料理が出てくるのか?イタリア、イタリア、ルカ・トニ、ルカ・トニ、るか・とに、るか・とに、とに、とに、やま・とに、大和煮!ごっつええ感じの兄貴を思い出させる遠回り感笑!そう!大和煮!食べたことある人も今では少ないのでは?

大和煮とは?

明治になってから生まれた料理であり、明治10年代に鶏肉(鴨肉との説もある)を使って作られたのが最初であると言い伝えられている。考案者は千葉県の缶詰業者であった前田道方。売り出すにあたって、朝野新聞編集長の沢田直温が「大和煮」と命名したものだが由来は不明。

その後、鶏肉以外の肉も使われるようになり、1915年(大正4年)には明治屋が牛肉大和煮の缶詰を発売、1923年(大正12年)には日本橋三越で行われたバーゲンセールで目玉商品とされた、などという記録が残っている。牛肉大和煮は大日本帝国陸軍では牛缶と呼ばれ、携帯口糧として将兵らに人気のあるメニューであり、日清及び日露戦争時には戦時のために大和煮缶詰の材料にするため牛が足りなくなった事もある。現在の陸上自衛隊においても戦闘糧食 I型の内の「牛肉味付缶詰」(DSP N 5105)として採用されている。

他に、1871年(明治4年)、大阪靭永代濱(現在の大阪市西区靭公園辺り)で海産問屋を営んでいた大和屋清七義道が、鰊や小魚などの甘露煮を製造するにあたりその甘露煮を大和煮と呼んだ事例があり、現在も同区江戸掘三丁目にて江戸三・大和屋の屋号で営業中である。ウィキ調べ

頂いたのは鯨の大和煮で鯨の独特の匂いもほとんど消えており美味しくいただきました!たこ梅もそうですが鯨の食文化は消えないで欲しいものです。それから和本店長いつもありがとうございます!

でもーこの顔はなんか腹立つね笑!

image

ありがとう進一郎!いつも華麗に舞ってくれます笑!流石元劇団員です!ではこの辺で!また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ミネッチ

ミネッチ

体力には自信あり サッカー、ファッションに精通 尼崎出身 飲み食いに命かけてます! 峯松 慎
ミネッチ

最新記事 by ミネッチ (全て見る)

関連記事

ありがとうレジェンド!

まいどー!分店のみねっちですー!一気に春の陽気!桜を見ながら今日はビールやー!さて今日は3月いっぱい

記事を読む

たこ炊き実践道場大阪ミネ期

まいどー!分店のみねっちですー!6月に入りました!もうすぐ梅雨入り。嫌な季節が始まりますが、たこ梅は

記事を読む

やさしさに包まれたなら〜♩

まいどー!分店のみねっちですー!正月気分も抜けてやっと日常が戻ってきた感じですね!今日はいつもの食材

記事を読む

no image

ノマノマイェイ!ねぎまのまは野間の間

まいどー!分店のみねっちですー!4月も終わりですねー。出会いと別れの季節。たこ梅分店にも。 分

記事を読む

スタート!

まいどー!分店のみねっちですー!あけましておめでとうございます!今年もミネブログをよろしくお願いしま

記事を読む

ヤマーダに・し・き

まいどー!分店のみねっちですー!しばれますねー。いきなりですが僕は年中、日本酒は冷酒かひや酒を飲みま

記事を読む

あらたなる人生の幕開け(大げさ)のはなし

まいど~おひさ~日本一古いおでん屋さん大阪梅田のたこ梅分店の上原で~す! ここのところ晩は冷え込む

記事を読む

秋いいよねー!

まいどー!分店のみねっちですー!秋ですねー! 秋深き  隣は何を  する人ぞ 普段しない

記事を読む

no image

妄想旅行のプロ

まいどー!分店のみねっちですー!もう6月ですねー!一年の半分が終わろうとしています!おーこわっ!

記事を読む

素晴らしいタレントの集合体

まいどー!分店のみねっちですー!みなさまは三連休いかがお過ごしでしょうか? 月曜日は勤労感謝の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?
たこ梅<分店>
大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F
TEL06-6311-3309
<営業時間>
平日 16:00~22:50 (L.O. 22:30)
土日 15:00~22:50 (L.O. 22:30)
年中無休※年末年始のぞく












PAGE TOP ↑