• 2016.09.01更新

    え゛! 鯨のデカイ舌から 7.7% だけ?
    それだけしか取れない超珍味があるんです

    たこ梅では、鯨のデッカイ生の舌から、1週間以上かけてサエズリをつくります
    その時、赤身と白身の境目のわずかな部分からだけとれるのが「鯨タンすじ」です
    鯨の舌のたった7.7% しかありません、、、

    「鯨タンすじ」の関東煮(かんとだき/おでん)
    「鯨タンすじ」の関東煮(かんとだき/おでん)

    タンすじって、ホロホロッかとしてて噛みごたえもあるという不思議かな食感
    そして、噛むほどに文字にできない旨味かと味わいがじんわり広がります

    このタンすじ、今年も9月から1串500円でご提供です

    鯨タンすじ、いつ食べるの?今、でしょ!
    鯨タンすじ、いつ食べるの?今、でしょ!

    去年も、一昨年も、その前も、1ヶ月たらずで完売でした
    気になった方は、お店に立ち寄って、店員さんに「タンすじ!」と声を掛けてくださいね

    ところで、たこ梅FUN倶楽部員(旧:本会員)さま!
    いつも、メルマガ読んでくれはったり、ご来店はもちろん
    お友だちにお店を紹介いただくなどありがとうございます

    ってことで、感謝の気持ち!9月は「タンすじ」を
    たこ梅FUN倶楽部員さまへ、感謝価格20% OFFでご奉仕です

    (仕込める数に限りがあるので、感謝価格は9月中会員さまご来店ごとに1串でお願いします)

    まだ、部員じゃない方!
    上燗屋(じょうかんや)での飲み方や楽しみ方、旬の関東煮(かんとだき)、お得な情報も、メルマガを通じて知って欲しいので、、、
    今スグ、メルマガ部員(無料)に入会して下さいね!

    そんで、「タンすじ」を感謝価格で食べてって下さい!

    入部(無料)はコチラ!
    今スグ、メルマガ部員登録(無料)してね!


  • 2016.07.29更新

    173年の伝統の味を守り、お客さまに喜んでもらって選ばれる仕事です
    一緒にやってくれる『正社員』さんを募集中!

    たこ梅 五代目店主 岡田哲生(てっちゃん)です
    いま、これを読んでいただいていますよね!
    関心をもっていただき、ありがとうございます

    たこ梅は、弘化元(1844)年から続く、日本一古い関東煮屋(おでん屋)です
    名物となっている「関東煮(かんとだき/おでん)」と「たこ甘露煮」の味を守り、これから百年も、お客さまに喜んでいただき、お客さまに選ばれる店であるために、一緒に働いてくれる仲間、正社員さんを募集します

    といっても、急にいわれても困りますよね!(笑)
    例えば、
    ・何のために、たこ梅をやっているのか?
    ・調理以上に、お客さまに喜んでもらって、選ばれるって何してるの?
    ・たこ梅での本当の仕事とは何なのか?
    ・そのためにどんな取り組みをしているのか?
    ・実際にスタッフさんは、実際、どんな風に働いているのか?
    ・どうして、体験入店をするのか?

    などなど、いろんな疑問や知りたいことがあると思います

    それで、詳しいことをコチラのブログ記事にに書いていますので、クリックしてご覧下さいね!
    伝統の味を守り、お客さまを創造するのを一緒にやってくれる正社員さんを募集しています!

    それから、ひとり暮らしの方も安心して働いて欲しいので、1R社員寮もつくっちゃいました!

    難波駅まで徒歩5分の たこ梅 難波寮です
    難波駅まで徒歩5分の たこ梅 難波寮です
    10畳+ベランダの1R寮です
    10畳+ベランダの1R寮です

    「どんな1R寮なの?」って思ったら、詳しいくは、こちらのブログ記事にかいてるので、クリックして見てね!
    → 社員さんには、ゆっくり休んで欲しい!から、社員寮は社員さんの声を取り入れてつくりました!

    ここまで読んでみて、あるいは、ブログ記事を読んで、
    「あ、こんな店で働いてみたい!」「聞いてみたいことがある」「詳しく知りたい」とかって思った方は、気軽に電話、メールで連絡くださいね!

    応募、質問の電話は、06-6631-5744(藤原・加藤/平日10:00-16:00)
    上記時間外は、090-3052-3186(てっちゃん/岡田)まで!

    メールは、コチラをクリックして、応募や質問を「メッセージ」欄に書いて下さいね!

    「こういう店やったら、あいつにエエかも、、、」
    「こんな風にやってるとこやったら、あの人に合うんじゃない?」
    って思った方は、たこ梅のホームページや求人のブログ記事を教えてあげて下さいね!

    最後まで、読んでいただいて、本当に、ありがとうございます!

    いつも笑顔のスタッフさん
    いつも笑顔のスタッフさん

    あなたと、会える日を楽しみにしています!!

    たこ梅 五代目店主 てっちゃん(岡田哲生)
    ※この写真の左から2人目が私です(^o^)v

「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました! 「ねぎま」の関東煮(かんとだき/おでん)

鶏(とり)とネギと、ちゃいまんねん! ネギと鮪(まぐろ)の刺し合わせ これが、浪花の「ねぎま」でっせ!! こい […]

鰯だんごの関東煮(かんとだき/おでん)始まりました! 鰯だんごの関東煮(かんとだき/おでん)

鰯の団子は、独特の風味がたまらん、そやけど、ちょっとクセもある、、、 そんな鰯にハモのすり身をほどよく合わせる […]

「あまから手帖 大阪ミナミ100選」で たこ梅 本店をご掲載いただきました あまから手帖 大阪ミナミ100選

大阪の食文化を伝える古くからの雑誌に「あまから手帖」さんがあります 9月16日発行の「あまから手帖 大阪ミナミ […]

2016年9月17日 読売新聞 夕刊に笑福亭鶴光さんの思い出の店としてご掲載いただきました 9月17日の読売新聞夕刊の掲載記事

読売新聞の編集局の方から、電話をいただき、笑福亭鶴光さんの取材の中で、たこ梅が出てきたので、お店のことについて […]

グルメキャリー2016年9月22日号「今この会社がおもしろい!」で掲載いただきました 飲食専門の求人誌「グルメキャリー」

飲食業界というと、一般的には、3Kイメージ、ブラックイメージを持たれる方もいらっしゃり、「人不足」が常態化して […]

copyright@ takoume. All Rights Reserved.