NEWS(お知らせ)

「菜の花」の関東煮(かんとだき/おでん)菜の花の関東煮(かんとだき/おでん)

春の香りいっぱい ほのかな苦みが、また、お酒によくあう 大人好みの関東煮(かんとだき/おでん) ひとあし早い春 […]

あまから手帖「酒場遺産(レガシー)」2017年3月号あまから手帖2017年3月号「100年続いてほしい酒場遺産」特集で、たこ梅本店をご紹介いただいています

あまから手帖2017年3月号「100年続いて欲しい酒場遺産」特集の中で、道頓堀の たこ梅 本店も取り上げて頂き […]

2017年2月4日 朝日新聞「みちのものがたり」朝日新聞「みちのものがたり」2017年2月4日に載りましたよ!

2017年2月4日の朝日新聞「みちのものがたり」は、新地を中心に書かれています そこで、新梅田食道街の たこ梅 […]

「男の隠れ家」2017年2月号「男の隠れ家」2017年2月号に道頓堀の たこ梅 本店が載ってますよ!

「自分の時間を大切にする大人たちへ。」向けた雑誌に『男の隠れ家』があります これが、現在、発売になったばかりの […]

牡丹牡蠣の関東煮(かんとだき/おでん)牡丹牡蠣(ぼたんかき)の関東煮(かんとだき/おでん)が、はじまりました!

牡丹の華のように大粒のカキのみを厳選! 海のミルクといわれるほど滋養豊富で濃厚な カキのエキスと関東煮の出汁の […]

おでんも出せるようになりました!by高羽さんおでんが好き!お昼に時間がある!夕方からなら、、、っていうパート、アルバイトさんを募集します!

おでんが好き!お昼に時間がある!夕方からなら、、、っていうパート、アルバイトさんを募集します! 173年の伝統 […]

日経新聞2016年12月14日夕刊「食あれば楽あり」日経新聞夕刊「食あれば楽あり」に、たこ梅の関東煮(かんとだき/おでん)が載ってました!

友人にFBメッセージで教えてもらったんですが、2016年12月14日の日経新聞 夕刊「食あれば楽あり」というコ […]

月刊「文藝春秋」2017年1月号月刊「文藝春秋」2017年1月号に開高健「新しい天体」と共に、たこ梅本店を取り上げていただきました

月刊「文藝春秋」2017年1月号に、開高健「新しい天体」に登場する店として、センターカラー5ページにわたってと […]

聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)聖護院大根の関東煮(かんとだき/おでん)が、はじまりました!

「大根いうより、ダシそのものを喰うてるかんじや!」 とは、常連さまがもらされた一言です お口に運んだ瞬間にトロ […]

大阪ミナミの隠れた情報も満載の「ミナミ本」「ミナミ本」に、たこ梅の秘密とナゾが載ってます!

  今、書店で平積みになっている「ミナミ本」(京阪神エルマガジン社)に、道頓堀にある たこ梅 本店を […]

「水菜(みずな)」の関東煮(かんとだき/おでん)水菜(みずな)の関東煮(かんとだき/おでん)始まりました!

ハリハリ、しゃきしゃきの水菜(みずな)を 薄揚げで信田巻きにしあげました ダシの旨みとハリハリの食感がたまりま […]

ホワイティうめだの歩き方「ホワイティうめだの歩き方」で、ヤツが表紙を飾ってます、、、

1日60万人が通るといわれる日本最大の地下街がおおさかにあります それが、「ホワイティうめだ」です その「ホワ […]

「あまから手帖」2016年12月号あまから手帖さんの「名店買い物帖」で『たこ甘露煮』を取り上げていただきました!

大阪、関西の食文化を伝える雑誌に「あまから手帖」さんがあります そこで、たこ梅の170年以上前からの名物『たこ […]

コロをたべて、その甘みと旨みにビックリされるリポーターさん!おはようコールABCさんが、たこ梅本店に取材に来てくれはりました!

先日、朝日放送の早朝のニュース情報番組「おはようコールABC」さんが、道頓堀にある たこ梅 本店に関東煮(かん […]

庄野アナウンサーにインタビューをうけてますテレビ大阪「ニュースリアル~のれんの向こう側~」で、たこ梅本店を取り上げていただきました!

テレビ大阪のニュース番組「ニュースリアル」さんが、道頓堀にある たこ梅 本店に、『のれんの向こう側』という老舗 […]