*

ヤマーダに・し・き

公開日: 酒・ビール・飲み物, つれづれに

まいどー!分店のみねっちですー!しばれますねー。いきなりですが僕は年中、日本酒は冷酒かひや酒を飲みますがこんな寒い時期はおでんと燗酒ていいですよね!お酒はぬるめの燗がいい〜♩肴は炙ったイカデビル〜なんてね笑!

そんなたこ梅の燗酒は純米酒を使っています!見たことある方もいるかもしれませんがラベルの真ん中にデーンと書いてあります!

「山田錦」

image

お酒に詳しい方はわかりますが、あんまり詳しくない人にとっては何かわかりませんよね?
酒蔵の名前?人の名前?なんですかそれ?ですよね!答えはお米の名前です!コシヒカリみたいなもんです!

今日は見聞きしたことあるけど実際あんまりよーわからん「山田錦」について話そうと思います!

まずは日本酒の原料となるお米「酒米(酒造好適米)」についてご存知でしょうか?

存在は知っているけど実際はどのようなものか詳しくは分からない、どんな種類の酒米が存在するのか分からないという方も多いと思います。

酒米と言うので、私たちが普段口にしている食用米にはちょっとした違いがあります。

酒米と私たちが普段口にしている食用米にはいったいどのような違いがあるのでしょうか。

3つのポイントから見ていきましょう。

違いその1:外観(大きさ)

酒米は一般的なお米と比較して米の粒が大きい傾向にあります。

酒米は日本酒を造る上で「精米」と言う米の表面を削る必要があるため、粒の小さな米だとすぐに砕けてしまうのです。

違いその2:心白(しんぱく)

基本的にお米には白色不透明な「心白」と呼ばれる部分が中心に存在します。

この心白には、タンパク質の含有量が少なく、また、磨いても砕けることがないよう粘度が高く、醪(もろみ)によく溶けるという性質があります。

酒米はこの心白の占める割合が一般的なお米と比較して大きいのです。

違いその3:醸造適性

お酒への醸造のしやすさのこと。こちらは蒸米吸水率、麹への造りやすさなど、日本酒作りにおいて重要な過程において適しているということです。

以上、酒米と食用米の基本的な違いになります。

食用米に含まれるタンパク質や脂肪はご飯として食べる際は旨味となりますが、お酒になると苦みや雑味として現れてしまうのです。

酒米の中でも特に有名なもの5つをご紹介します。

山田錦(やまだにしき)

主な生産地:兵庫県

酒米の王様と言えば真っ先に名があがるのがこの「山田錦」でしょう。酒米の中でも全国一の生産量を誇ります。全国の生産量の9割以上が日本最大の酒どころである兵庫県で生産されています。山田錦を使用して造られたお酒は香味が良く、大吟醸酒や、鑑評会に出品する日本酒などもこの山田錦を原料として造られることが多いです。最近よく耳にする「獺祭(だっさい)」も原料米には全てこの山田錦を使用しております。

五百万石(ごひゃくまんごく)

主な生産地:新潟県

新潟県が代表的な産地である、五百万石。山田錦と並んで酒米の二大トップとして知られています。この酒米で醸しあげた酒は、淡麗でスッキリとした味わいに仕上がります。新潟県の気候風土に最も適した栽培特性を有し、米王国新潟を代表する品種となっています。

美山錦(みやまにしき)

主な生産地:長野県

長野県を代表的な産地とする美山錦は昭和53年長野県農事試験場にて、突然異変によって誕生した比較的新しい酒造好適米。五百万石に近いスッキリとした味わいで、長野だけでなく東北地方全体で広く栽培されています。東北の淡麗な味わいの酒を生み出す元となっている酒米ですね。

出羽燦々(でわさんさん)

主な生産地:山形県

吟醸王国と呼ばれる山形県を代表する酒米「出羽燦々」。すべての原料が山形オリジナルです。出羽燦々という名は「山形県が生んだ酒造好適米にふさわしく、印象の強い名前にしよう」と選ばれました。吟醸酒にふさわしいスッと切れるキレあじの良さとさらりとした飲み口の淡麗な味わいに仕上がるのが特徴です。

雄町(おまち)

主な生産地:岡山県

雄町は酒米としては最古参の種目として知られており、山田錦や五百万石のルーツとなっております。栽培の難しさから次第に山田錦や五百万石にとって代わられ、生産量が減少していき、絶滅の危機を迎えておりましたが、近年岡山県の酒造メーカーを中心にしたグループが栽培を復活させ、雄町を使用した清酒が再び生産されるようになりました。雄町からは山田錦よりも芳醇でコクのある味わいの酒が出来上がります。

以上、有名酒米5選、いかがでしたでしょう。

酒好きの方なら名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんね。お酒を選ぶ際はこういった原料米も1つも基準になりますよ。

個人的に雄町は結構好きです!日本酒も調べれば奥が深いですね。自分の勉強にもなるのでまた調べてみます!ではまたさよなら!

The following two tabs change content below.
ミネッチ

ミネッチ

体力には自信あり サッカー、ファッションに精通 尼崎出身 飲み食いに命かけてます! 峯松 慎
ミネッチ

最新記事 by ミネッチ (全て見る)

関連記事

継続は力なりを思い知る

まいどー!分店のみねっちですー!また一週間空いてしまいました。頑張ってブログを書きたいと思っています

記事を読む

花野菜の代表格

こんにちは分店のくずはらです! ずいぶん過ごしやすくなりました! スーパーでも春のものが

記事を読む

ハルウララ

まいどー!分店のみねっちですー!3月ももう終わりですね。桜の開花宣言も出るくらいですし、僕の頭ではキ

記事を読む

センチメンタルミーネー♪

まいどー!分店のみねっちですー!夏も終わりに近づいてますがまだまだ暑いですね。先日休みで家にいると外

記事を読む

大地讃頌

まいどー!分店のみねっちですー!6月も半ばを過ぎましたねー!クソーッ!最近ジャックバウアーのモノマネ

記事を読む

照れちゃう!

  まいどー!分店のみねっちですー!桜もそろそろ終わりですが先日京都の仁和寺の御室桜

記事を読む

たこ梅分店ありがとう。

まいどー!分店のみねっちですー!今日は地元の秋祭りです。昔の収穫祭の名残かわかりませんがこういった昔

記事を読む

紙袋に縁を感じて

どうも分店のくずはらです! 寒い、が口からすぐこぼれてしまいますね、、、 週末から来週に

記事を読む

no image

ノマノマイェイ!ねぎまのまは野間の間

まいどー!分店のみねっちですー!4月も終わりですねー。出会いと別れの季節。たこ梅分店にも。 分

記事を読む

いつもスイマセン

まいどー!分店のみねっちですー!一気に春の陽気ですねー!早く桜が見たくなりますね!花見もしたい、バー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?
たこ梅<分店>
大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F
TEL06-6311-3309
<営業時間>
平日 16:00~22:50 (L.O. 22:30)
土日 15:00~22:50 (L.O. 22:30)
年中無休※年末年始のぞく












PAGE TOP ↑