*

帰ってきたぞ!帰ってきたぞ!

公開日: お知らせ, 関東煮・おでん, 季節・旬

まいどー!分店のみねっちですー!メリークリスマス!クリスマスに関東煮!いいじゃな〜い!フレンチやイタリアンもいいけどあえての関東煮!いいですねー!僕は好きです!そんなケーキの代わりにロウソクも立つくらい柔らかいアイツの話を!関東煮に負けないくらいアツいわたくしみねっちが紹介したいと思います!ドドンッ!

さて今日はついに始まったあの食材!少し前のブログでドラゴンボールのフリーザ様に例えたアイツです!そう!

「聖護院大根」

image

フォルムも青首大根と違って丸く、白く、まさにフリーザ様の頭のような大根笑!それを毎日僕らがトランクスのように切る!しかしトランクスより芸が僕らの方が細かいですよ!なんてったって僕らは丁寧にカットした後、面取りまでしてますから笑!そんな聖護院大根ちょっと調べてみました!

聖護院大根(しょうごいんだいこん)は、ダイコンの一品種。京野菜の一つであり、「京の伝統野菜」および「ブランド京野菜」に指定されている。 京都の冬には欠かせない食材と言われる。

特徴
短系で球形のダイコンであり、地表に出る部分は淡い緑色を呈する。大型のものは重さ3 – 4kgにも達する。収穫時期は10月下旬 – 2月下旬。改良種は広く栽培され、淀のものは淀大根と呼ばれる。

煮崩れしにくく甘くて苦味が少ないため、主に煮物の材料となり、おでんにも使われる。また、京漬物の大根漬にすると宮重大根より柔らかくなるため、好みで漬け分けられる。千本釈迦堂では、冬の大根焚きの材料となる。

歴史
伝承によれば、文政年間(1816年 – 1830年)に金戒光明寺に尾張国から奉納された大根を、現在の左京区聖護院に住む農家が譲り受けて栽培し、採種を重ねるうちに短系の聖護院大根が生まれた、と言われる。原種は尾張国の宮重大根とされる。

栽培地域
京都府内では、城陽市、久御山町、亀岡市などが主な産地である。また、近年は岩手県から大分県まで、日本各地で栽培されている。

聖護院大根で思い出すのはたこ梅の元相談役、山﨑さん!彼はこの聖護院大根をお客様にお出しする時こー言うてました!

「はい!カマンベール大根!」

image

カマンベール→かまんべーる→噛まんべーる→噛まんでいけーる!

力技1本ッ笑!

けれども本当に箸も歯もいらないくらい本当に柔らかい大根です!ロウソクなんて余裕で立ちますね笑!来年の2月くらいまでの冬場だけの本当においしい大根です!

今日はクリスマスイブ!和本サンタと松本トナカイ(せんと君)が来てくれてます!今日も賑やかになりそうです笑!ではまた。ごきげんよう。

The following two tabs change content below.
ミネッチ

ミネッチ

体力には自信あり サッカー、ファッションに精通 尼崎出身 飲み食いに命かけてます! 峯松 慎
ミネッチ

最新記事 by ミネッチ (全て見る)

関連記事

大人の読書感想文?

どーも、分店のくずはらです! 最近、少し腰を痛めたので昨日の休日は家でいろいろと読書していまし

記事を読む

ちょっとお待ちをモーメント

まいど〜!分店のみねっちですー!寒くなってたこ梅も忙しくなってきました!みなさまも体調管理だけはくれ

記事を読む

センチメンタルミーネー♪

まいどー!分店のみねっちですー!夏も終わりに近づいてますがまだまだ暑いですね。先日休みで家にいると外

記事を読む

最近よー出るわねこの子!

まいどー!分店のみねっちですー! まず前回のブログの訂正です。前回のブログで四方竹と椎茸両方頼んで

記事を読む

カラーから〜の、、、

今日は『 赤 色 』について少し、、 赤からは太陽や火、熱く活発なイメージが浮かびますよね。

記事を読む

山添村で収穫してきました\( ‘ω’)/

分店谷口です!奈良の山添村にある「自然農法」によるタコ梅の畑で・・・   &n

記事を読む

あなたがワカメに出会うはなし

まいど~!!日本一古いおでん屋さん大阪たこ梅分店のめがね、上原です。 また間が開いてしまいまし

記事を読む

新たなる目標!のはなし

桜満開、お花見日和の日々!でも自分の休みは気が滅入るほどの、どんより雲・・・お久しぶりです。日本一古

記事を読む

ひと夏に必ず一回は食べないと気が済まない!

まいどー!分店のみねっちですー!梅雨も明けたのでようやく夏真っ盛りて感じですねー!大阪では天神祭があ

記事を読む

マニュファクチュア

まいどー!分店のみねっちですー!9月ですね。秋になると淋しくなりますね。なんとも言えないせつない気持

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?
たこ梅<分店>
大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F
TEL06-6311-3309
<営業時間>
平日 16:00~22:50 (L.O. 22:30)
土日 15:00~22:50 (L.O. 22:30)
年中無休※年末年始のぞく












PAGE TOP ↑