*

良いもの作るには時間がかかりますね。

公開日: たこ梅, 取材・記事, 関東煮・おでん

こんにちは たこ梅本店 安藤です。

お客様からよく聞かれるのが、一番人気は何ですか?

そう聞かれて答えるのは「まぁ大根ですかね〜⁉️」と、

1日あたり50個ベースで仕込みます。

お客さまからも「何でこんなに柔らかく煮けるの?」と聞かれるのですが、特別変わった事はしてません。

米の研ぎ汁… 冷凍させる… などの裏ワザ的な事は無く 秘訣も特に無く…

あるのはただ 時間かけてます。ってトコです。

本店では 水から3時間程 煮いて その後1時間程出汁で煮いて味をいれます。そこからは関東煮の鍋に入れますので お出しするまで5〜6時間をかけてるわけです。一個216円(税込)の大根に…

話は少し変わって、他のスタッフでもお知らせしました 先週のテレビ大阪 「ニュースリアルFriday  のれんの向こう側 」のコーナーの取材。

放送時間 わずか3分30秒程度のコーナーにもかかわらず  アナウンサーの庄野数馬さん

image

も含むスタッフ4名さんで 取材時間なんと8時間‼️

朝の出汁を取るところから、大根の仕込み 鍋にこんにゃくを並べるところ、商品の撮影、五代目とのやり取り、外観の撮影、お客様の入った段階での撮影とインタビュー。

image

などそれ以外にもたくさんの撮影をされてました。

先週金曜日の放送を見させていただきましたが、大半はカット‼️

しかし内容は良い感じで 映像もさすがに綺麗に撮っていただけました。

わずか3分30秒のコーナーに8時間。

かたや 216円の大根に5〜6時間,

あたり前のようにこなしている事ですが 改めて「良いもの作るのに時間や手間を惜しまずする事」の大切さを感じた取材でした。

 

The following two tabs change content below.
安藤 政彦

安藤 政彦

たこ梅きっての競走好き(^^)で 唯一の奈良住み従業員。たこ梅の最強マーカーになりたい 42歳
安藤 政彦

最新記事 by 安藤 政彦 (全て見る)

関連記事

image

今年も残り…

皆様こんにちは!本店の和田です(๑ ́ᄇ`๑) ついに12月突入ですね! 皆様今年1年や

記事を読む

image

「たこ梅本店 カウンター席 完全ガイド」《禁煙席編》

こんにちは たこ梅本店 安藤です。 みなさんはタバコって吸いますか?私はもう止めて5年くらいに

記事を読む

puffer-9

商売繁盛で笹持ってこい❗

今日は、鏡開きの日です🎵皆さんはもう御済みですか⁉ こんにちは👋😃本店の松本です🎵まずは新成人

記事を読む

IMG_4880

涼しい環境に(≧∀≦)

毎日暑い💦日が続きますが、如何お過ごしですか⁉️ この間は、関東地方で17日間連続の雨☔️ゲリ

記事を読む

image

早いもので⁉️

皆様、こんにちは😃10日戎も終わって、だんだんと落ち着いて来ましたが、如何お過ごしでしょうか⁉️

記事を読む

puffer-14

たこ梅の必需品⁉あれですよ、あれ❗

今日は、少し寒さが戻り肌寒い朝でしたが、今週末くらいから温かくなって、やっと春の訪れ⁉のようです☺

記事を読む

898F957D-1CA6-4413-9F94-C11FE5409929

「美味しかった!」よりも!?

ここ最近は少し!?気温もさがり やばい熱さは和らぎましたね! たこ梅本店も連日沢山のお客

記事を読む

F6AA9642-B740-4C15-A00A-F467B30A0EE1

令和元年お初の限定❗

久しぶりの快晴🌞如何お過ごしですか❓ 令和元年お初のブログです(∪´>‿<`)

記事を読む

IMG_4861

大人も子供も!

皆様こんにちは!本店の和田です(≧ω≦) 先日行ったイベントも皆様のお陰で大成功に終わりました

記事を読む

image

ここは、どこの国⁉️

暑い日が続いてますが、如何お過ごしでしょうか⁉️ 去年から外国人観光客による、爆買いが眼に付く

記事を読む

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?
たこ梅<本店>
大阪市中央区道頓堀1-1-8 TEL06-6211-6201
<営業時間>
平日 17:00~22:50 (L.O. 22:30)
土日 11:30~14:30 (定食あり)
17:00~22:50 (L.O. 22:30)
年中無休※年末年始のぞく












PAGE TOP ↑