*

美味しいお酒

公開日: たこ梅

大阪は梅田のど真ん中新梅田食道街の北店の前保です

どんどん寒くなり今日もオープンから沢山のお客様が暖簾をめくって来店していただき満席状態となってます。
ありがたい事です!!

たこ梅の飲み物と言えば先ず錫で燗した日本酒。

image
冷たく冷やした白鹿の冷酒。

image
サーバーを毎日お掃除して美味しい生を出せるように心掛けている生ビール。

と瓶ビール。
爽やかな酎ハイ。
これからの3品は北店限定のお酒です
1品目は、

image
酎ハイに生のグレープフルーツを、絞ってグレードアップさせた生グレープ酎ハイ。
2品目は、

image
竹鶴とウイルキンソンの炭酸を使った竹鶴ハイボール。

3品目は、

image

女性の方が大好きな柚子酒。
この3品は北店のみでの販売です!!
このお酒を飲みたい皆さん北店へ足を運んで下さいね。

The following two tabs change content below.
前保ヨシ子
大牟田から大阪にやって来て2回目の成人式を迎えました。 その1回はたこ梅で迎えたお局様です(笑) 好きな事は花の栽培と花の写真です 今幸せな事は元気で働いて家族と仲良く暮らしていること!!
前保ヨシ子

最新記事 by 前保ヨシ子 (全て見る)

関連記事

image

たこ梅で会員登録してますか?

大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の前保です 今日はゴールデン

記事を読む

E4ED4D48-A0E1-45B6-96E7-B78D9710FFD9

縁の下の力持ち

創業弘化元年おでん屋たこ梅北店の前保です。 12月に入ってから一段と寒くなってたこ梅の季節になりま

記事を読む

img_1032

秋が旬!

大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の髙羽です。  

記事を読む

image

美味しいドリンクメニュー

創業弘化元年(1844年)おでん屋たこ梅北店の前保です。 昨日は春の嵐かとおもうような強い風が

記事を読む

image

夏のおでん

    大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋

記事を読む

IMG_0899

大阪だけ?

大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の髙羽です。  

記事を読む

image

道案内

創業弘化元年(1844年)おでん屋たこ梅北店の前保です。 インフルエンザが流行していますが皆さ

記事を読む

image

湯葉

大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の髙羽です。 寒波はとおざか

記事を読む

image

今が旬です(^O^)

大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の髙羽です。 お天気も、気候

記事を読む

IMG_5731

北店スタッフ紹介

創業弘化元年おでん屋たこ梅北店の前保です。 昨日は孫のバレーボールの応援に行き点の取り合いで抜きつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

follow us in feedly
創業弘化元年。日本一古いおでん屋と言われるようになりました。 多くの作家や文化人にもご愛顧いただいたお店、鯨のサエズリなどの関東煮、たこの甘露煮、 そして錫の杯で、大切な方と粋な一献いかがですか?
たこ梅<北店>
大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街1F
TEL06-6311-5095
<営業時間>
平日 16:00~22:50 (L.O. 22:30)
土日 15:00~22:50 (L.O. 22:30)
年中無休※年末年始のぞく












    • 関東煮(かんとだき)とは 関東煮(かんとだき)とは 大阪は梅田のど真ん中新梅田食道街の前保です!! お客様によく聞かれるのが関... 1,641ビュー
    • 鯨の部位 鯨の部位 大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の大西です... 926ビュー
    • さえずり(クジラの舌) さえずり(クジラの舌) 大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の髙羽です... 882ビュー
    • ちくわぶ ちくわぶ 大阪は梅田のど真ん中、新梅田食道街の おでん(関東煮)屋 たこ梅北店の大西です... 184ビュー
    • 道案内 道案内 創業弘化元年(1844年)おでん屋たこ梅北店の前保です。 インフルエンザが... 182ビュー
PAGE TOP ↑